男の人

アライグマを駆除する秘策|人間に危害を与える

スズメバチの習性と駆除

スズメバチ

夏から秋にかけてはスズメバチに刺される被害が多発します。スズメバチは黒く動く物体を攻撃する習性がありますので、駆除の際には白っぽい服装で臨むのが鉄則です。スズメバチに刺されたことのある人が再び刺されると、アナフィラキシーショックを起こす危険があります。スズメバチ駆除は専門業者に依頼するのが無難です。

被害が拡大する前に

あらいぐま

感情よりも結果を

動物を愛護する心はとても大切なことですが、感情だけで物事を考えると逆効果になる場合があります。害獣と呼ばれる野生動物が典型的な例としてあげられ、注意するべき点は放置することで本来の生態系を崩してしまうことです。害獣が増加した場合は環境が破壊されるだけでなく、結局は大量の殺処分が発生してしまいます。例えばアライグマのように容姿が可愛らしい動物は、ついついエサを与えたくなる人も多いことでしょう。駆除なんてもってのほかという感情になりがちですが、ペットの鳥やウサギが襲われて食べられてしまったのでは本末転倒です。近年では雑食性のアライグマによる被害が多くなり、駆除件数が増加する傾向となっています。アライグマは身に危険が及ぶと凶暴になりますので、被害を受ける前に駆除専門業者への依頼や退治を検討すると良いでしょう。

今後の防除対策につなげる

アライグマのように政府から特定外来生物に指定されている場合、ほかの野生動物とは異なる法律が存在しています。これは農作物や家屋に甚大な被害をもたらすためで、早急な駆除が必要という意味でもあるのです。捕獲した場合は殺処分を行うまで移動してはならない、という法律も知っておくと良いでしょう。意図的に放してしまうと違法になる可能性があるため、捕獲した際は役所や駆除を扱う業者に連絡します。役所の場合は根本的な解決までは至りませんので、業者に依頼して巣の場所や侵入経路をチェックしてもらい、今後の防除対策につなげてみるのも良いでしょう。捕獲については自治体ごとにルールが異なりますので、事前に確認をしておくと安心です。

住宅を蝕む害虫の駆除

しろあり

住宅内にはびこるシロアリを追い出すには、穴をふさいで木部に付いたシロアリを取り除く必要があります。多くの家庭で取り組まれている背景には、大地震が予測されるため、安心して暮らせる住宅が求められています。

専門的な害虫対策

散布機

目に見えないほど小さいダニから比較的大きなゴキブリ・ムカデまで、家に侵入する害虫には多くの種類があります。市販の害虫駆除用品を使えば自分でも駆除は可能ですが、多くの人は駆除が徹底できません。害虫駆除のプロは専門的な駆除ノウハウを持っていますので、手に負えない場合は業者を頼るのも有効な害虫対策です。